SCJ-P受けてきました〜。

苦手だったAPIコンテンツとコレクション/ジェネリクスは克服できてたみたいです。しっかし、スレッド(並行性)が全然出来てないのは悔しいなぁオイ(´д`;) 思いも寄らぬ弱点でありました。まぁ、スレッド使うコードまともに書いた事無いからなぁ…。

何はともあれ、応援して下さった方々、どうもありがとうございました!

いやー、公約半分達成(笑) よかったよかった。

ところで、SJC-Pには「ドラッグ&ドロップ問題」ってのがあります。問題画面の「タスク」ってのをクリックすると、ウィンドウがポップアップして、その上でドラッグ&ドロップで回答するのですが、見直しの時にハマってしまいました。

一度回答した後で、もう一回「タスク」をクリックすると「回答をやりなおしますか?」って言う趣旨のYes/Noダイアログが出るんですが、Noを押したら回答できない(当たり前)、Yesを押しても前回の回答がリセットされていて、真っさらな問題画面が出るのです。つまり「とりあえずこれで回答しておいて、あとから修正しよう」っていう手段が使えません(T^T) 1からやり直しになる訳です。というわけで、D&D問題は見直ししませんでした。(何か方法、あったのかなぁ…。)

LPIC Level1に興味が…。

SJC関係の情報を漁っていたら「トリプルクラウン」なんてモノを見つけてしまいました。既にキャンペーン期間は終了している(残念!)とのことですが、Java + Linux + Oracle の認定を全部取得すると、トリプルクラウンということなんですね。

SJCは今度受ける。じゃぁLinuxの認定とは…? と思って LPIC Level1 について調べてみたんです。ホームページにスキルチェックミニテストというのがあり、遊び半分で解いてみました。

意外とチンプンカンプンでは無いじゃないですか。16問中9問取れて「あと少し!」という判定が出ました。そこで「ぁ、受けてみると面白いかも…」と思った次第。

つか、SJC-P受かってから考えろ、俺。

追記

Oracleは、触ったことさえ無いので、無理でっす。RDBMS一般だったり、PostgreSQLだったらイケるかもしれないけど。OracleOSS化すればなぁ(笑)

PostgreSQL認定試験も、無いことは無いのですが、知名度が低いっす。あんまり受ける気ありませ〜ん。Postgres認定受けるくらいだったら、何とか勉強してOracle取るよな。

SJC-P試験申込み!

あーだこーだ言ってると、ダラダラしてしまうので、SJC-P試験の予約、済ませてしまいました。もう受験料も払っちゃったので、ノリです、ノリ。この勢いが大事!

というわけで、11日後の10/22、受験いたしまっす! 応援よろしくお願いします〜。

SJC-Pの問題集、解いてみました。

徹底攻略 Java2 プログラマ問題集 Platform5.0 対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)

徹底攻略 Java2 プログラマ問題集 Platform5.0 対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)

購入し、1〜7章(総仕上げ問題以外)を解いてみました。章ごとに、得手不得手がくっきり分かれました(笑)

  • 得意(70〜100%):「フロー制御」「オブジェクト指向コンセプト」「Java言語の基礎」
  • 普通(60〜70%):「宣言、初期化、スコープ」「並行性」
  • 苦手(40〜60%):「APIコンテンツ」「コレクション/ジェネリックス」

全体として82%の正答率が初見で出たので、多分いけると思うんですが…。この試験って、出題比重は各セクションで均等なんでしょうか? 均等であれば、大抵合格できると思います。ただ、「APIコンテンツ」「コレクション/ジェネリックス」に関する問題が多く出題されるような傾向ですと、危なくなってきます。情報がありましたら、教えて下さいm(__)m

受験料が高いので、このまま受けるのは不安だなぁ〜。安いなら「取り敢えず受けちゃおう」と思えるんだけど…(笑)